大阪市で交通事故・後遺障害等級に関する手続き・相談なら、交通事故相談Cafe@大阪にお任せください。

運営:行政書士のむら事務所

交通事故相談Cafe@大阪

大阪市港区築港3-7-1-608 大阪市営地下鉄中央線
大阪港駅から徒歩1分

すべては交通事故被害者の利益のために!

営業時間
09:00〜20:00
休業日
年中無休

ライプニッツ係数とは?

交通事故被害者が死亡もしくは後遺障害認定された場合の逸失利益を計算するときに用いる数値です。ですから傷害だけの場合には関係ありません。

 

逸失利益は後遺障害が残った場合に自賠法で定められた支払基準による「就労可能年数とライプニッツ係数から出します。

就労可能年数とは、事故によって後遺障害が残ったために労働能力の喪失や低下がある場合に後遺障害がなかったとしたらその人が働けるであっただろうと考えられる年数のことです。

55歳未満の人は67歳から年齢を引いた年数で、55歳以上の人は平均寿命年数の2分の1として、端数は切り上げです。そしてこの期間年数に対応するライプニッツ係数をかけます。

後遺障害が残った場合の逸失利益の計算

例1)27歳、後遺障害7級、年収350万円 の人の場合

 

就労可能年数40年、労働能力喪失率56%、ライプニッツ係数17.159 となります。

 

3,500,000×0.56×17.159=33,631,640(円) となります。

 

例2)ムチウチ14級9号、労働能力喪失期間5年、年収500万円の人の場合

 

5,000,000×0.05×4.3294=1,082,350(円) となります。

 

※骨折その他の場合と違って、ムチウチの場合は労働能力喪失期間は3年から5年までが相場です。ですからライプニッツ係数が5年に相当する4.3294になります。3年なら2.723です。

 

後遺障害の場合、等級によって労働能力喪失率というのが一律に決まってます。本来は個別に千差万別なものであるのですが、実際は自賠責においては個別に症状を判別するのは不可能だし、一定の公平感をもって迅速に処理するために考え出されたものです。

※労働能力喪失率の表はこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-5430-0316

死亡された場合の逸失利益の計算

 

逸失利益=年収×(100-生活費割合)×ライプニッツ係数

 

生活費割合は、亡くなった人に被不要者がいるかいないかで%が決まっています。

被扶養者がいる場合⇒35%  いない場合⇒50%

 

例)40歳、年収500万円、妻あり の人の場合

就労可能年数⇒27年(67-40歳)

 

妻がいるので生活費っ割合は35%⇒5,000,000×(1-0.35)=3,250,000(円)

ライプニッツ係数⇒14.643(就労可能年数が27年)

 

3,250,000円×14.643=47,589,750円 となります。

 

お電話でのお問合せはこちら

070-5430-0316

ライプニッツ係数表

①年齢 ②就労可能年数 ③ライプニッツ係数

 

※こちらは18歳以上の人に適用する表です。

 

①(歳) ②(年数) ①(歳) ②(年数)
18 49 18.169 61 11 8.306
19 48 18.077 62 11 8.306
20 47 17.981 63 10 7.722
21 46 17.981 63 10 7.722
22 45 17.774 65 10 7.722
23 44 17.663 66 9 7.108
24 43 17.546 67 9 7.108
25 42 17.423 68 8 6.463
26 41 17.294 69 8 6.463
27 40 17.159 70 8 6.463
28 39 17.017 71 7 5.786
29 38 16.868 72 7 5.786
30 37 16.711 73 7 5.786
31 36 16.547 74 6 5.076
32 35 16.374 75 6 5.076
33 34 16.193 76 6 5.076
34 33

16.193 

77 

4.329 
35  32 15.803 78 5 4.329
36 31 15.593 79 5 4.329
37 30 15.372 80 5 4.329
38 29 15.141 81 4 3.546
39 28 14.898 82 4 3.546
40 27 14.643 83 4 3.546
41 26 14.375 84 4 3.546
42 25 14.094 85 3 2.723
43 24 13.799 86 3 2.723
44 23 13.489 87 3 2.723
45 22 13.163 88 3 2.723
46 21 12.821 89 3 2.723
47 20 12.462 90 3 2.723
48 19 12.085 91 2 1.859
49 18 11.690 92 2 1.859
50 17  11.274 93 2 1.859
51 16 10.838 94 2 1.859
52 15 10.380 95 2 1.859
53 14 9.899 96 2 1.859
54 14 9.899 97 2 1.859
55 14 9.899 98 2 1.859
56 13 9.394 99 2 1.859
57 13 9.394 100 2 1.859
58 12 8.863 100~ 0.952
59 12 8.863      
60 12 8.863      

行政書士のむら事務所 ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

070-5430-0316

営業時間 09:00〜20:00 (年中無休)

FAXでのお問合せはこちら

06-6576-6079
初めてご相談される方はこちら

お問合せ

アクセス

大阪市港区築港3-7-1-608

大阪市営地下鉄中央線
大阪港駅より徒歩1分

営業時間

09:00〜20:00 年中無休

ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

070-5430-0316

交通事故専門行政書士育成にも力を入れています

講義風景

行政書士の先生を対象に交通事故業務の講義・教育など、所属する大阪府行政書士会をはじめ、他府県からの依頼を受け、多数回こなしています。

講義風景
講義風景
070-5430-0316
詳細はこちらへ