大阪市で交通事故・後遺障害等級に関する手続き・相談なら、交通事故相談Cafe@大阪にお任せください。

運営:行政書士のむら事務所

交通事故相談Cafe@大阪

大阪市港区築港3-7-1-608 大阪市営地下鉄中央線
大阪港駅から徒歩1分

すべては交通事故被害者の利益のために!

営業時間
09:00〜20:00
休業日
年中無休

ムチウチ治療の整形外科と接骨院

交通事故で受傷(ケガ)をすると、もちろん治療が最優先となりますが、ケガが「ムチウチ」だったりすると、その通院先は整形外科?接骨院?ということが問題となります。

 

なにが問題なのでしょうか?

 

あなたはどちらに通院しますか?

整形外科と接骨院の違いについて

整形外科は医師国家試験による医師免許を持った医師が医師法に基づいて患者を治療します。

 

接骨院は医療系国家資格の柔道整復師免許を持った柔道整復師が柔道整復師法に基づいて患者を施術します。

 

交通事故の被害者(患者)にとって必要なのは治療であって施術ではありません。

誤解を恐れずにいいますと、治療ができるのは医師だけであり、柔道整復師ではありません。

お電話でのお問合せはこちら

070-5430-0316

ムチウチの後遺障害認定のための治療先は?

交通事故のムチウチ患者にとって最も関心のある事は後遺障害認定がなされるかどうか」ではないかと思います。(ムチウチの解説はこちら

 

後遺障害認定されるためにはまず「ある一定期間、充分な治療をしていること」が要件の大前提となります。すなわち、接骨院で施術をしても治療実績とはならず、その要件をみたされないということになります。

 

もちろん例外もあって、接骨院を中心に通院していても認められたケースはあります。しかし、あくまでも例外です。

 

後遺障害認定を審査する調査事務所は日々相当な数の案件を公平かつ迅速に処理するために「基本的なルール」があり、それにあてはめて該当するかどうか・・・を判断するということで決めているというのが実状です。

 

ただ、そこは人間のすることで、しかも判断における裁量(ある程度判断の自由があること)が大きく認められている現状があって、当事務所でも数多くのムチウチ案件を受けてきておりますが、良くも悪くも認定書(後遺障害審査の結果が書かれているもの)に書かれている内容の理解に苦しむことが少なくありません。

 

ハッキリ言って、どんな担当者に当たるか?による”運・不運”が無いとは言い切れません。

 

ただ、やはり出来るだけ基本に忠実に、「そして「認定されるにはどういうことが必要か?」ということを考えて対処すべきだと考えています。

お電話でのお問合せはこちら

070-5430-0316

医師だけが書ける後遺障害診断書

そのルールに「治療が必要」とある限り、治療ではない施術を考えるべきではありません。

どれだけ通院しても接骨院の柔道整復師には後遺障害診断書は書けません。

 

医学部を卒業して医師国家試験に合格してその後の研修を重ねた医師と、3年ほど昼間の専門学校を卒業した柔道整復師が同等であるはずもなく、それは医師法や柔道整復師法により明らかです。

 

交通事故の患者の報酬については第三者行為であるということで自由診療が認められているため、接骨院の経営にとってとてもオイシイ患者です。

 

そのために近頃では接骨院による異常なまでの集客活動が目立ちます。なかには「通院終了時には謝礼を差し上げます」などと堂々とインターネット上での集客をするところや、そういったシステムを接骨院等相手にけしかける組織も存在します。

たかだか5000円や1万円の謝礼をもらうために後遺障害認定されなくなるリスクとどう考えても何倍もの開きがあるように思えます。そもそも認定されないような軽いムチウチなら別ですけど・・・

こういったことは接骨院等による不正請求につながる要因になると考えます。みなさんニュースでよく見ると思いますが、交通事故患者に限らず高齢者相手などに何の説明もなしに書類にサインをさせて不正請求をする事件が後を絶ちません。恥ずかしいことに大阪が全国第一位です。

 

自治体もチェックを厳しくするべきですが、人手が追い付いていかないのが実状のようです。しかし、これは私たちの税金にも関わる問題ですので不正請求は見逃すことはできません。

 

何より、接骨院を中心に通院している交通事故患者にとってメリットは限りなく少ないと言えます。

 

後遺障害診断書を整形外科医師に書いてもらう限り、整形外科通院を中心に考えるべきであると断言します!

 

 

 

お電話でのお問合せはこちら

070-5430-0316

整形外科学会の逆襲

最近、開業されている整形外科に行くと目に付くところに貼ってあるポスターが整形外科学会からの通達により”貼るように言われている種類のものがあります。

 

「事故後から、接骨院のみにかかっている場合や医療機関受診後に長期間にわたって接骨院に通っている場合は症状の経過が不明となり、症状と交通事故との因果関係が証明できなくなるため、当院では交通事故における自賠責格式診断書や後遺障害診断書の作成をお断りする場合があります。」

 

と、書かれてあります。何を言いたいかというと、「ちゃんと医療機関である整形外科で治療をしてください。勝手に接骨院で施術をした患者に対しては責任を持てないし、診断書だけを書くということはお断りします」ということでしょう。

 

ここでいちばん強力なフレーズは「自賠責各式診断書や後遺障害診断書の作成をお断りする」という部分です。

 

これは最強です!交通事故被害者にとって後遺障害認定のためには絶対的に後遺障害診断書が必要です。これを書いてもらえないとなると致命的です。

 

当事務所の経験では整形外科医師でも充分に自分のところで治療や検査をさんざんしておきながら後遺障害診断書を拒否するなどの「患者を金儲けの材料としか思っていない医師」もいました。

 

あと、大きな大学病院系の医師でも「いらん争いに巻き込まれたくないから」書かないという医師もいました。

 

 

いずれにしても最終的にパワーを持つのは医師です。医師といえども人間です。感情はあります。それは医師と患者との関係でも同じです。出来る限り医師との人間関係は良好なものにしておくべきだと考えています。もちろん、当事務所はそのお手伝いをいたします

 

 

お電話でのお問合せはこちら

070-5430-0316

行政書士のむら事務所 ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

070-5430-0316

営業時間 09:00〜20:00 (年中無休)

FAXでのお問合せはこちら

06-6576-6079
初めてご相談される方はこちら

お問合せ

アクセス

大阪市港区築港3-7-1-608

大阪市営地下鉄中央線
大阪港駅より徒歩1分

営業時間

09:00〜20:00 年中無休

ご予約・お問合せ

お気軽にご連絡ください。

070-5430-0316

交通事故専門行政書士育成にも力を入れています

講義風景

行政書士の先生を対象に交通事故業務の講義・教育など、所属する大阪府行政書士会をはじめ、他府県からの依頼を受け、多数回こなしています。

講義風景
講義風景
070-5430-0316
詳細はこちらへ