大阪・和歌山・奈良・京都・神戸周辺の交通事故相談、被害者請求、後遺障害認定申請はお任せ下さい。 行政書士のむら事務所

大阪・和歌山・奈良・京都・神戸周辺の交通事故被害者を二人三脚の医療コーディネートで完全サポート

大阪・和歌山・奈良・京都・神戸周辺後遺障害等級認定から損害賠償請求までトータルサポート

巷で言われているほど異議申立手続きは簡単ではありません。適正な等級認定を受けて満額の地裁基準解決を実現するには、事故直後から専門家に相談をすることが必要です。ぜひ、当事務所にご相談ください。

top-page-img

大阪・和歌山・奈良・京都・兵庫関西一円 交通事故相談は完全無料!

後遺障害等級認定・被害者請求・異議申し立てならお任せ下さい

交通事故にあったら、、、まずはここをチェック!

後遺障害等級実績・事例紹介 部位別症状紹介

業務日誌最新記事

後遺障害認定のために

経験と実績の行政書士のむら事務所

弊所のホームページに来てくださってありがとうございますっ!!

今回も後遺障害認定の実例をご紹介します。

前回でご紹介しましたご夫婦の例で、奥様の事例です。傷病名はご主人と同じく「頸椎捻挫、腰椎捻挫」です。自賠責調査事務所は医療機関に対して医療照会をかけています。そこで注目したポイントは医療照会回答書(医師が回答したもの)にある症状の出現時期です。

すなわち症状がいつごろから出現しましたか?ということです。この方の場合、医師の記録(カルテ)には症状の出現時期が事故受傷から約2か月経過してからというような内容であったため、「事故とは相当因果関係にはない」と判断されてしまったようです。

一般的に素直で従順な患者さんは診察時にはその時々の身体の調子でものを言います。そして多少の痛みやその他の症状があっても我慢しながらやせ我慢みたいに症状を軽い目に言ってしまうことがよくあります。

しかし交通事故のケガでの自覚症状はちゃんとハッキリ医師に伝えることが大切です。しかも事故当初から!です。

本当に完治すればそれに越したことはありませんが、そうでないなら医師がカルテに記録するようにきちんと言いましょう!

img20160509_09171488

img20160509_09175050 img20160509_09181417 img20160509_09183872 img20160509_09190134

お問い合わせはこちら

大阪の交通事故相談、被害者請求はお任せ下さい
行政書士のむら事務所
代表者  野村光恵
〒552-0021 大阪府大阪市港区築港3丁目7番1号 天保山第一コーポ608
MAIL info@jiko110-nomura.com
TEL 06-6576-6078 FAX 06-6576-6079 携帯 070-5430-0316
営業時間 9:00~20:00 年中無休

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab